A Translator's Rumblings

読書日記もあり

誤訳 howler: VWが「本質的でない投資」を中止するらしい

こんな高校生レベルの間違いをしでかしてしまった Bloomberg 日本語版。私が最初に目にしたのはヘッドラインだけでしたが、これを目にした日本人は、「本質的」って何のこと?とかなり悩むでしょうね。職業柄、これが non-essential investments のことであることはすぐにピンときました。翻訳記事を検索して調べてみると、やはりそうでした。この "essential" は「本質的」じゃなくて「必要不可欠」、「絶対になくてはならないほど重要」の意味でしょう。やれやれ。

MenuMeters resurrected for El Capitan

Need I say more? (though technically, it hasn't officially died as El Capitan hasn't been publicly released yet at the time of writing this)

MenuMeters for OS X El Capitan 10.11 (and later)

For users of Yosemite and before, the official MenuMeters site is here.

Mac OS 10.11 El Capitanで日本語入力の既定のスペースを半角に設定する(最初にrootless設定を無効にする必要あり)

El Capitanではセキュリティ上の理由により /usr (/usr/local以外), /System などに書き込みができないようになっている。これはコマンドラインで sudo を使っても無理。

ところが、OS X付属の日本語入力を使用する場合、詳細設定で指定できる項目はあまりないため、例えばデフォルトのスペースを全角にするか半角にするかをGUIで設定できない。これについてはYosemiteで解決方法がすでに公表されている(下記参照)が、近く一般公開予定のEl Capitanでは同じ手順を使用できない。

El Capitanの日本語入力の設定で、既定の全角スペースを半角に設定するにはコマンドラインを使う必要があるのだが、関係する .plist ファイルは /System フォルダ内にあるので、sudoを使っても変更できない。そこで事前の手順が必要な訳だ。

1. コンピュータを再起動し、Cmd-R を押してリカバリーモードで起動する

2. 起動したらメニューバーで Utilities > Terminal の順に選択する

3. ターミナルに
csrutil disable
と入力してリターンキーを押す。

4. これで System Integrity Protection が無効になったのでコンピュータを再起動する。

5. System Integrity Protectionを再度有効にするには同じ手順に従い、ターミナルで
csrutil enable
とコマンドを入力する。

あとは他のサイトですでに言及されている手順に従って JapaneseIM の下記部分の設定を変更するだけ:

sudo pico /system/Library/Input\ Methods/JapaneseIM.app/Contents/Resources/KeySetting_Default.plist

そして以下の<string></string>内の全角スペースを半角に変更する。その直後で半角スペースを全角スペースにすれば、Shift+スペースで全角スペースを入力できるようになる。

 <key>before_typing</key>

                <dict>

                        <key>&apos; &apos;</key>

                        <dict>

                                <key>command</key>

                                <string>direct_input</string>

                                <key>character</key>

                                <string> </string>

 以上。

Editing an existing StarDict + recompile for Dictionary.app

I have been using Pali Text Society's Pali-English Dictionary in GoldenDict client (StarDict format) and and in Dictionary.app, with the data obtained from a now defunct website, but this data contains some noticeable issues:

  1. There are a few pages of additions and corrections in the printed edition, which need to be incorporated into the StarDict data.
  2. The initial long 'ā' always appears as short 'a'. So, as it stands, if you search for āmanteti and type 'amanteti', you will find the word but it is given under the header 'amanteti' (subsequent diacritics are correctly displayed. It seems to be just the initial long ā that's affected).
  3. There are other minor corrections, e.g. under paccassosi, it says see under patissuṇāṭi but it should actually be paṭissuṇāti.

Steps needed to edit the data:
I have performed the following steps using Debian 8.
I am using a set of StarDict-format data files, whose source I cannot now find.
The dictionary consist of the following files, archived in .bz2.
<filename>.dict.dz
<filename>.idx
<filename>.ifo

  1. Install stardict-tools. You will be using two commands from these tools, namely, stardict2txt and tabfile. The former converts the binary dictionary data to a human-readable .txt format, which you can edit. After editing the contents of the dictionary, you will need to compile it again using tabfile. However, after version 3.0.x, tabfile seems to have stopped allowing duplicate entries, e.g., a-1, a-2 and a-3, etc., the very first entries in the dictionary representing the short vowel 'a'. Therefore I have to install a much older version of stardict-tools which supported duplicate entries. So although it is tempting to simply type
    sudo apt-get install stardict-tools
    the latest version apt-get fetches is 3.0.2-4 and this doesn't support duplicate entries, so you will have to get an older Debian package. (There are patches you can apply to the source code to fix this but I was unable to compile it - 'make' returned some completely obscure error and I just couldn't go any further. Hence this rather desperate use of an ancient version. See http://www.simidic.org/wiki/index.php/Install_StarDict-Tools for patches.)
    Here is the download page for stardict-tools: http://archive.debian.net/etch/amd64/stardict-tools/download
  2. Now I have obtained the file stardict-tools_2.4.8-0.1_amd64.deb, let's install it. Installing the above file throws up some dependency error which doesn't seem to be solved automatically so download another package needed by this older version of stardict-tools: https://packages.debian.org/squeeze/amd64/libmysqlclient16/download
    and install as follows:
    gdebi libmysqlclient16_5.1.73-1_amd64.deb
    then
    gdebi stardict-tools_2.4.8-0.1_amd64.deb
  3. Copy the relevant files to your local path:
    cp /usr/lib/stardict-tools/* /usr/local/bin
  4. Now exit the superuser mode (unless you've been using sudo) and move to your dictionary folder where you have the three files. I'm assuming that you have extracted the tar.bz2 file or some such archived file.
  5. Convert the binary data to human-readable format:
    stardict2txt <filename>.ifo <output_filename>.txt
    Now you have the editable .txt file. 
  6. Make necessary changes and convert it back into StarDict:
    tabfile <filename>.txt
  7. This will create the three files which make up StarDict. Richt-click the .idx file and note the byte size of the .idx file and update the idxfilesize= value in the .ifo file.
  8. You can now copy the three files to your StarDict data folder and start using it with GoldenDict, etc. but I prefer to use the PED in Mac OS X's Dictionary.app so there are a few more steps to convert the stardict files to the .dictionary format.
  9. Put the three StarDict files in a folder, say 'PTS_PED' and archive it:
    tar cjvf PTS_PED.tar.bz2 PTS_PED
  10. Now, download an app called DictUnifier and install it on your Mac:
    https://github.com/jjgod/mac-dictionary-kit
    or run
    $ brew tap caskroom/cask
    $ brew install brew-cask
    $ brew cask install dictunifier
  11. Open Applications > DictUnifier.app and drag and drop the above .tar.bz2 file on the software. You specify the name of the dictionary to be shown in the catalogue of the dictionary client and convert. That's it. When you get the 'Done!' message, the resulting PTS_PED.dictionary is already in the ~/Library/Dictionary folder. All you need to do now is to tick the box next to the PED dictionary in Dictionary.app > Preferences.

Now the initial long ā is displayed correctly as seen below:

f:id:kotonohatrans:20150904170350p:plain

This is sweet. I plan to add more formatting to the data as it's quite difficult to read through the text when a dictionary entry has multiple meanings, sub-entries with compounds, etc. (try 'kamma'!)

(You can edit the display name of the dictionary in the tab. Thus I have changed the lengthy name of the PTS dictionary to 'PED'.) 

今更 Retinizer を発見して感激した

数ヶ月前に、GoldenDict が Retina に対応していないので云々という投稿を書いたが、今回大きな発見をした。といっても自分にとっての発見であるにすぎず、もう数年前に公開されたアプリなので全くニュース性はない。それでも取り上げたいのが Retinizer だ。ウェブページを見てもなんかベータっぽいので、大丈夫かよ・・・と一瞬思ってしまったのだが、そんな心配も束の間の話。頑固にもいまだに解像度が粗いままの Audacity を drag & drop してみたところ、なんとも見事にクリアな UI に変身してしまったではないか!ひさびさに感激した。ついでに XML エディタの oxygen も変身させようかと思ったら、丁度よくアップデートがリリースされ、こちらもめでたく (ようやく) Retina デビューとなった。

 

実は本業の翻訳に使うあるソフトで、Retina に対応していないことを理由に導入せずに、我慢して仮想化の Windoze 環境で別のソフトを何年も使ってきているのだが、この機会に思い切って導入。これを使いこなせるようになれば、念願の100% Mac 上での作業環境整備を達成できることになる。これで仕事の効率が高まるといいのだが。

電子書籍を買いたいが氾濫する大多数のマンガは目にするのも厭だ

久しぶりにeBookJapanにアクセスして驚愕した。サイトがリニューアルされたようだが、訳の分からぬマンガやエロっぽい本(マンガ?)ばかりではないか。こんなもの妻子の前で閲覧できたものではない。コソコソと怪しい本でも買っていると勘違いされてしまいそうだ。第一、あの少女マンガのたぐいは見るに堪えない。中身は見たことがないのではっきりは知らぬが、未成年者(らしく見える)相手を性的行為の夢想の対象とするのは虐待の範疇ではないのか?実は中身は性的ではなくロマンスなのかもしれないが、サムネイルの表紙を見る限り、性的に露骨な描写としか解釈しようがない。顔は童顔で胸が異常に大きく、制服らしきものをまとっている。もう勘弁して欲しい。

 

この時代にもなって良質の日本語の電子書籍を幅広い手段で入手できないのはなぜなのだろう。出版社にやる気がないのだろうか。販売経路の制約でもあるのだろうか。英語なら学術書でも何でもすぐに購入できる場所がたくさんあるのに。これではどんどんアマゾンにビジネスを奪われてしまうぞ。

ATOK 2015 と Windows 8.1 で、ひらがな入力が勝手に半角英数に切り替わってしまう問題

私は Mac を主に使っているが、ソフトウェアや顧客の要件によってはしぶしぶ Windows を使わなければならないことがある(Parallels Desktop を使った仮想化環境で、Mac にインストール)。翻訳業のため、Windows で行う作業の99%は日本語を使っているため、定額利用で ATOK(現在の最新版は ATOK 2015)を導入している。手持ちの電子辞書やウェブを使った調べものはすべて Mac OS 側で行い、翻訳の入力を翻訳用の CAT と呼ばれるツールを使って入力するわけだが、1文翻訳して次の文に出てくる専門用語などを Mac で調べ、Windows の翻訳環境に戻ってくると、日本語入力オンのままにしてあったものが勝手に半角英数になっているではないか。というか、調べものがすんだ段階で翻訳文が頭にうかんでいるので、Windows に戻り次第、一気に翻訳文を入力し始める。するといきなり画面上に訳の分からぬローマ字が羅列され、「うわ、英数入力になっている」と気づくわけだ。

 

Windows では日本語しか使わないと割り切って、OS の設定は日本語のみにしている。だから IME の切り替えは基本的に ATOK の日本語入力 ON/OFF だけしか要らないはずなのだ。コンピューターは英国で購入したものなので、当然キーボードには変換に関連する専用キーはないが、日本語入力 ON/OFF の切り替え用ショートカットを自分用に設定しておけばすむはず。そういう設定で長年使ってきた。ところが2ヶ月前ほど突然、前述したように、毎文ごとに日本語入力を手動でオンにしなければならないという現象が発生した。どうもさまざまなバージョンの OS や ソフトウェア、IME の種類(MS IMEでも)でも発生しているようなので、いろいろなアドバイスに従ってみたものの、何をやっても解決せず、途方に暮れていた。MS IMEでも同じ現象が発生したので、これは IME ではなくて使っているソフトウェアのせいだろうか、などと考えたりした。Googleの日本語入力では、そもそもの日本語入力 ON/OFF 操作用キーボードショートカットが英国版キーボードではなぜかうまくいかず、これも代替手段として断念。結局辛抱強く手動で ATOK の日本語入力を数分ごとにオンにしていた。ところが、日本語入力オンのままでいてくれる場合もあって、それがどういうパターンの時に起こるのかもわからないため、期待して日本語を入力するつもりでキーを叩き始めると、やっぱり英数になっていたりして、さらに気が狂うのであった。

 

前置きが長くなったが、今日、突然この問題が解決した(ようだ)。設定は以下の通り。

[プロパティ(環境設定)]>[入力・変換]タブと開き、[入力補助]を選択。そこで「カナ入力時に自動的にカナロックを行う (K)」 のチェックを外す。するとその下の「詳細設定」ボタンがグレー化される。

f:id:kotonohatrans:20150501044416p:plain

こうして変更を適用して保存したところ、何と問題がなくなったではないか!これまで調べたアドバイスでは「カナ入力時に自動的にカナロックを行う (K)」のチェックが入った状態で詳細設定を押した際に表示される画面内でこれにチェックを入れろだの何だの書かれていたのだが、私の場合はそれより一段階上の設定が間違っていたようだ。

 

個人的に、Windows関係のことについては、機能してくれればいいので詳細には一切興味がない。そのためどうしてこれがうまくいって、他のアドバイスがなぜすべてダメだったのか、憶測さえもできない。第一、カナロックというコンセプト自体知らない。

この情報が誰かの役に立つ保証もないが、2ヶ月間毎日のように苦しめられ、解決策を探すのにかなりの時間を浪費したので、一応ここに記しておく。